もう堪忍してください

e0295551_10200864.jpg
酷暑、猛暑の8月が過ぎ、ようやく涼しくなったかと思えば大型台風に襲われ、後片付けも済まないまま、今度は震度7の地震発生。
被災した方々の辛苦は想像を超えるものだろう。お見舞い申し上げます。

しかし、今年の日本列島はどうなっているのだろう。あきらかにおかしい。これは日本だけではないのかもしれない。だとしたら地球全体だ。もう堪忍してください、と言いたい。

はがきの言葉が多い。この余白に書ききれない思いがあり、まとめきれなかった。

今日はいい日にしたい。明日も明後日も……。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
  ↓  ↓


にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-09-07 10:34 | Trackback | Comments(2)

台風

昨日は何十年振りかという大型の台風が大阪を襲いました。
私の家の周りも、屋根瓦やトタン屋根が飛び、ブロック塀や化粧パネルが倒れました。
自宅以外に兄弟で所有する古い住宅があるのですが、屋根や壁が吹き飛び、もう修理をしても無駄と判断し解体することに決めました。
瓦が宙ぶらりんになっていたので消防署に来てもらい、割って落としてもらいました。
40年消防隊員をしているが、こんな台風は初めてだ、とは隊員の方の言葉。本当に酷い雨風でした。
危険な場所だけ処理をしてもらい、
「あとは業者さんに頼んでください。我々は瓦屋さんではないので」
と帰っていかれた。
それでも充分助かりました。瓦が高いところでぶら下がっていたので、どうしようかと悩んでいましたから。
こんな場合に来てもらう時も、消防車は、一応サイレンを鳴らしてこられるのです。恥ずかしかったですが、それが決まりになっているらしいのでしかたありません。

うちの瓦が飛んで、隣のマンションに駐車してある車を傷つけ、裏の家の壁にも穴をあけてしまいました。
昨日、今日と後片付けに忙しかったです。昨夜は一度梯子からみごとに落ちました。背中からでしたが不思議と怪我はしませんでした。ただ、真横に5センチほどの釘が立っているのを目にし、恐れをおぼえました。
明日は手土産をもってそれぞれの家に謝罪に行く予定にしています。
修理代その他、大きな出費になりそうです。台風がうらめしい。

はあ~、また楽しくない話になりましたね。

心身ともにつかれはてました。

絵が描けません。すみません。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
 ↓  ↓




にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-09-05 17:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

とんぼと山頭火

e0295551_00082425.jpg

日中はまだまだ暑さが残っているが、少しずつ秋めいてきた。
この秋めいてきたことを、「新涼」とも言うらしい。
恥ずかしながら、最近知った言葉で気に入っている。

今回の絵の言葉は、山頭火の行乞記(ぎょうこつき)に書かれている句からいただいた。
行乞とは托鉢(たくはつ)という意味と乞食(こつじき)をして歩くこと、という意味もあり、山頭火は自分の日記にやや自虐的にそういうタイトルを付けたのだろうと推測する。

「投げ出した足へ蜻蛉とまろうとする」
この一見何気ない言葉に胸をうたれる。
ごく普通に暮らす一般人なら、それがどうした、となるが、山頭火が詠むとその言葉は重い。

私などに山頭火を語る資格はないが、許しをいただいて、この俳句について短い感想を述べたい。
山頭火は裕福な家庭に生まれ育った、だが11歳の時、父親の女遊びに苦しんだ母が自死した。そのことがずっと山頭火に付きまとい死生観となったようだ。
やがて、大地主の実家は酒造を商う家となり、しかしそれもうまくいかず没落してしまう。
山頭火は成績優秀だったが、精神を病み早稲田大学を中退している。結婚もうまくいかず離婚する。

そういう何もかも無くなった山頭火にあるのは死生観だけだったのではないか。文学者はみなここを基としているように思う。
私ごとで申し訳ないが、小説を書き始めた時、吉村昭先生を勝手に師として学ばせていただいた。吉村氏は旧制中学の時に結核を患い生死をさまようながらも奇跡的に助かった方だ。
書かれた本の全て(記録文学に属されている一部は読んでいない)を読了した感想は、書かれている物語はすべて生と死が基本になっている、と感じた。自分にとって大きな発見で、小説は真摯な気持ちで向かい合わないといけないな、と心した。そうして何を書くにもここが基になっている。

話がそれたが、そういう死生観でいうと、文学者である山頭火は、いくらか自暴自棄にもなっていて、常に死というものを背負って毎日を過ごしていたのだろう。
そんなある時、ふっと投げ出した自分の足に蜻蛉がとまる。きっと「こんな自分の足にとまってくれるのか、ありがとう」という気持ちだったのではないだろうか。私にはそう思われてしかたがない。だから何でもないこの句にひかれる。
長々と書いてしまった。ジジイのたわごとです。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
  ↓    ↓



にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-08-30 00:19 | はがき絵 | Trackback | Comments(0)

慌ただしい夏だった

e0295551_11505207.jpg
久しぶりの更新。

この夏は酷暑、猛暑、豪雨で大変な夏だったが、私にとってもいろいろあった。

かかりつけの医院で胸部レントゲンを撮った。
「ポツポツと影があります。ガンの疑いもありますので……」
と大きな病院を紹介され、CT検査。
幸い何事もなく、夫婦で胸をなでおろす。

お盆にお墓参りに行く予定にしていたが、突然、車の左側のミラーが折れる。
折れるってなによ。畳めないとか開かないというのは聞いたことがあるが、芯が折れるとは……。泣きたい気分。
が、車屋さんは
「けっこうある」
と言う。
急いで部品を取り寄せたが、車屋さんはお盆休みに入ってしまい、お墓参りには間に合わなかった。
仕方なく、往復2時間ほどかけて実家の軽トラを運転し、お参りした。しんどかった。

14日、お寺さんに来ていただき母の初盆、ご先祖様の霊を慰めてもらう。

その夜、親戚に不幸があり、通夜葬儀と参列する。葬祭場には、さすがに軽トラでは行けず、ミラーをテープでぐるぐる巻きにして出かけた。
なにもこんな時に……、可愛がっている車だけれど、さすがにこの時は腹がたった。

その後、日を置かず、業者と母の一周忌の打ち合わせ。
場所は3カ月ほど前におさえておいた。
料理、粗供養の品を決め、挨拶文を書き、出欠はがきを同封した封筒を親戚に配る。

本来なら昨日、今日と地蔵盆だが、
「今年は中止にしよう」
と兄が半月ほど前に言ってくれ、自治会長にそのことを了解してもらい、地蔵祀りを休ませてもらった。
地蔵盆の飾りつけや設備の設置は、私たち夫婦の役目だった。
父母から自然と私たち夫婦にまわってきた。20年近くやってきたが、今年は体力に自信がなかった。
母は60年ほどやってきた。祖父母、曾祖父母、またその前まで辿ると優に150年以上は祀っている。
それを中止にしたのだから、申し訳ない気持ちでいる。

母が亡くなってから、極端に体力が落ちた。

ブログを3年休んでいたら、絵の描き方も忘れた。

一昨日から孫二人が遊びに来ている。体調が悪くて相手をしてやれない。

今月の末は、胃カメラをのむことになっている。

楽しくない話ですみません。



ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります。
   ↓             ↓


にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-08-24 12:11 | はがき絵 | Trackback | Comments(8)

夏休み

e0295551_22552712.jpg
孫が遊びに来たので、昨年の夏同様、プール付きのホテルに連れて行った。
兵庫県のたつの市にあるホテルで、料金が安いので何度か利用している。

台風の間隙をぬって、うまく雨風に出くわすことなく1泊2日が過ごせた。

e0295551_23001115.jpg
道の駅で一枚。孫たちは暑さにも負けず、期待でニコニコ顔。

e0295551_23053261.jpg
子供たちは着くなり、すぐに水着に着替えてプールに飛び込む。
e0295551_23061370.jpg
e0295551_23063903.jpg
子供の監視は家内にまかせて、私はベランダの露天風呂で運転の疲れをいやす。

e0295551_23075896.jpg
夜はよるで、夕食の後、再びプール。元気だ。

e0295551_23100309.jpg
朝もチェックアウトの11時近くまで泳いだ。疲れを知らぬのかとあきれる。
あっという間の2日間だった。孫たちは楽しかったようだ。いつまでこうして遊びに連れてきてやれるだろう。1回でも多く出かけられるように、爺婆は元気でいないといけない。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
     


にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-08-05 23:20 | はがき絵 | Trackback | Comments(4)

オクラ

e0295551_21591638.jpg
暑い日が続いている。「暑いですね」と口にするのも飽きてしまった。
いったいどうなっているのだろう、今年の夏は。

高校生の孫が夏休みになるや否や、我が家に泊りがけでやってきた。
プレステ? のゲーム機をテレビにつなぎ、深夜まで遊ぶ。
耳にはマイク付きのイヤホンをつけていて、友達と、ああだこうだと言ってやかましい。
どうやら、二人で画面に映る敵と戦っているらしい。
マイクは携帯とつながっていて、「後ろにまわれ」だの「中にはいる」だの、右、左などと、まるで実際の戦場にでもいるように興奮し、叫び声をあげる。

爺,婆は二階の寝室で、なぜか息を殺して眠れぬ身体を横にしている。
いつもは静かな夜なのに、などとつぶやきながら。

その孫は一昨日に帰ったが、今夜から、下の小学生二人が泊りがけで遊びにくる。
二人とも私たちの寝室で寝る。
また、気の休まらない夜になりそうだ。


ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
  ↓   ↓


にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-07-26 21:59 | 絵手紙 | Trackback | Comments(0)

涼しい顔

e0295551_06414557.jpg
近所の保育園の木の下で蝉の声を耳にした。
家内に言わせると、毎日鳴いているそうだが私にはわからない。
頸椎の痛み止めの薬を服用しているので、常に耳鳴りがしているからだ。
この耳鳴り、蝉の声に似ている。ジジ~ッて。
この調子でいくと、冬になっても蝉が鳴いているようになるのだろう。
大したことではないからまあいいかな、と思う。
歳をとればどこかしら不具合がでるのはあたりまえだ。うまく付き合っていけばいい。

久しぶりに女性を描いた。
難しいね。もっとも絵だけじゃないけれど。

車をいじりたいけれど、青空駐車だからこの暑さじゃできない。
一昨日、兄が草取りをしていて気分が悪くなり、慌ててやめたという。
それを聞いて、私と妹で涼しい季節になるまで草取りは禁止だと言った。
妹も私同様、少し立腹しながら。

熱中症で何人も倒れておられる。
東京は大阪よりいくらか涼しいらしい。
緑の差だという。
東京は森のようになった皇居が真ん中にあるので、温度がすこし下がるのだという。
そんなものが影響するとは。

道を歩いていて、若い女性が軽装で歩く姿は涼しげだけれど、
私のような爺さんは身に着けている色が茶系統が多いからか見ていて暑苦しい。
そういう私も暑苦しいのだろうから、毎日、なるべく白い色を着るようにしている。
早くもこの暑さに飽きてしまった。

クリックしていただけるとうれしく ブログ更新の励みになります
  ↓  ↓


にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-07-25 07:15 | はがき絵 | Trackback | Comments(4)

暑中御見舞い申し上げます


e0295551_02222612.jpg


暑中お見舞い申し上げます。

それにしても、毎日異常なほど暑い。あちこちで熱中症で倒れる人がいるという情報を耳にする。
けっして他人事ではない。
「気を付けて行ってらっしゃい」
と自転車で買い物に行く家内に声をかける。

昨日から孫が泊りがけで遊びに来ている。
スーパーマーケットなら車で行けるが、品物の良い駅前の商店街の周辺は駐車料金が高い。それを浮かせるために自転車で行くのだ。
いつも「疲れた」と口癖のように言っているのに、孫のためなら「えんやこら」である。

皆様も熱中症にはくれぐれご注意くださいませ。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
    ↓      ↓ 
    

にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-07-21 22:19 | イラスト | Trackback | Comments(0)

ボケナス

e0295551_19270045.jpg

豪雨のために広島、岡山、愛媛、高知、その他の県にも大きな被害が発生したというのに、私はというと、ブログで大阪に限定して、地震だの大雨だのと愚痴を書き綴って申し訳ない気持ちでいる。被害にあわれた方にお詫びしたい。

しかし、ひどい雨だった。
台風でなかったから油断もあったのか、国の対応が遅れた感がしないでもない。こんなふうに言うのは酷なのかな。所詮は人間のすることだから、自然には勝てない。
それにしても、豪雨のあと梅雨が明けて、今度は猛暑日が続き、後片付けの人や避難先で熱中症にかかっている人が大勢出ているという。なぜ神様は、こうした厳しいことを強いるのだろうか。災害や大事故が起こるたびに、いつも思ってしまう。それとも神様のなされたことではないのかな。だとしたら、バチが当たるね。

リビングのエアコンが壊れた。ボケナスは、しばらく我慢しようと思う。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
  ↓        ↓


にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-07-15 19:27 | はがき絵 | Trackback | Comments(0)

雨の日に本を読む

e0295551_06552805.jpg

ここ大阪は最近落ち着いて暮らせない。
地震、豪雨と天災が続いている。
神様が何かしら大阪に立腹されてのことだろうか。
凡人にはわからないが、お許しくださいと祈ることしかできない。

雨が寝室の窓のシャッターをうるさく叩く。その雨音を聞きながらベッドに横になって読書。
本は、私の尊敬する車谷長吉さんの書かれた「世界一周恐怖航海記」。
これは以前「文學界」に連載されていたもので、一度読んでいるものだけれど、単行本を購入して再読をはじめた。
恐怖航海記とされているが、ホラーではない。奥さんに、ひとり日本に置いて行かれるのが不安で、仕方なしに100日間の船旅に同行し、癖のある乗船客のことを書きながら、自分の半生も綴っていく。単行本化に際して加筆された部分もあり、読み始めたら面白くてとまらない。

私の好きな作家は、文章の簡潔派では吉村昭、車谷長吉、流麗派では水上勉。小説を書き始めた頃は、この三人の先生方を勝手に師と仰ぎ勉強させていただいたが、今ではもう、お三方は他界されてしまっている。諸行無常、まことに寂しいことだ。
パソコンでYouTubeをよく見るけれど、見終わった後には疲労感でいっぱいだが、本を読んだ後は疲れていても充足感がある。不思議なことだ。
この先、いくら電子化が進んでも、本はなくしてほしくないな、と思う。

ランキングに参加しております。ポチッとしていただけると励みになります
↓      ↓




にほんブログ村
[PR]
# by souichinoyume | 2018-07-06 07:11 | はがき絵 | Trackback | Comments(0)


はがき絵を中心に、墨彩書画、イラストなどを載せていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


by 早一

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

もう堪忍してください
at 2018-09-07 10:34
台風
at 2018-09-05 17:45
とんぼと山頭火
at 2018-08-30 00:19
慌ただしい夏だった
at 2018-08-24 12:11
夏休み
at 2018-08-05 23:20

画像一覧

カテゴリ

全体
はがき絵
絵手紙
墨彩書画
山頭火
イラスト
詩画
日記
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

北川ふぅふぅの「赤鬼と青...
週間山崎絵日和
毎日手紙を描こう★貰うと...
私のお気に入り
糸巻きパレットガーデン
のぶろぐ
ひいぽぽタイムスNO.2
くらしの手帖
おばちゃん遍路1人旅
A Piece of t...
ひだまり。きらきらブログ
ありがとうはまほ(う)のことば
toriko
銀河夢
器をつくりたいー!
四季の色♪~こころに写し...
もの言う猫
コビトさん通信
絵日記&50円の旅
札幌・旭川・白磁に簡単絵...
きくまんま
おすすめ海外情報 ~ta...
長女Yのつれづれ記
人生とは ?
♪Princess Cr...
絵日記日和
風まかせ
Night Flight...
なかちゃんPHOTO
一汁三菜&ときどき絵手紙
月の雫
トムびより
オレンジ色 作品ブログ
時流れるままに
さとごころ
マロレオ
フェルタート(R)・オフ...
2度目のリタイア後のライフ
umizakuraの頃
野ウサギの足跡
写心食堂
ばぶなばぶ
NONKOの絵手紙便り
SAKOmama 布絵本工房
水の色時間
すまいるらいふCAFE ...
元気ばばの青春日記 気持...
絵日記
まゆみのお絵描き絵手紙
なおこさんのほっと通信
photographer...
暁橋のたもとから

外部リンク

お知らせ

お願い
このサイトで掲載している画像や文章はサイト管理者に帰属します。無断で転載することをお断りします。

Copyright (C) 2018 by " Souichi" All Rights Reserved.


◇ご用のお方は、コメントの非公開にチェックを入れて書き込みしてください。

リンクフリーです。

にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
にほんブログ村

クリックしていただけるとうれしく ブログ更新の励みになります 

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
シニアライフ

ファン

ブログパーツ

ライフログ

最新のトラックバック

tennessee fi..
from tennessee fine..
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
★おひなさまの記事トラッ..
from ありがとうはまほ(う)のことば

検索

その他のジャンル